ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

震災。復興。そして次の10年へ|三陸石鹸工房 KURIYA(クリヤ)


Chou Chou 3周年特別企画!

Chou Chouの運営元である株式会社インターンの代表取締役とChou Chouの店長が、東北の生産者さんの元に行ってきました。

普段取り扱っている商品への熱い想いや、現地の感想をお届けします。


第3弾はスイーツのような見た目が魅力の三陸石鹸工房 KURIYA(クリヤ)さんです。


三陸石鹸工房 KURIYA(クリヤ)とは?




三陸石鹸工房 KURIYAさんの商品やお店の魅力をご紹介します。


まるでスイーツ!キュートな見た目のアロマ石鹸

三陸石鹸工房 KURIYAさんが取り扱っているのは、地元の素材を活かしたアロマ石鹸です。

「家族が食べるものを作るように、自信を持って使える良い素材を選ぶ」というコンセプトのもと、自然素材をつかった手づくり石鹸を販売されています。




石鹸としては珍しいキューブ型で、見た目はまるでスイーツのよう。オシャレなパッケージに包まれると、高級チョコレートのように見えます。


洗顔につかえる石鹸のほか、車などでの芳香剤としても便利なせっけんポプリも人気です。




カフェのような店内

宮城県女川町の商業施設・シーパルピア女川内にあるお店は、白を基調としたカフェのようなオシャレな内装になっています。お客さんがKURIYAさんの石鹸を見て「美味しそう」と言ったことがきっかけだったそうです。




お店では実際に石鹸をつくる様子を見ることもでき、定期的にオリジナルの石鹸をつくることができるワークショップも開催していました。

※2021年4月現在の開催予定は未定です。詳しくは直接お問合せください。


自分も周りも楽しいのが一番!オーナーにインタビュー

三陸石鹸工房 KURIYAのオーナーである厨 勝義(くりやかつよし)さんにお話を伺いました!

※インタビュー写真撮影のため、マスクを外して対応いただいています。


厨さんはもともと九州のご出身で、東京で働いていたところから震災をきっかけに女川に移住してこられました。住み始めて2021年で10年目になるそうです。


ー移住のきっかけは何だったんでしょうか?


最初はこんなに長くいるつもりはなかったんですよ。東京からなら車で来られるので最初は震災のボランティアで通っていて、途中からボランティアに必要な人を連れて行ったりしていました。ただあの頃はボランティアに来る人はいても何をすればいいのかわからない、という状態だったんです。来る人に対してさばく人が足りない、と。それで手伝おうと思って残ることにしました。もともとやっていた翻訳の仕事はネットさえ繋がればどこでもできるので、翻訳の仕事もしながら昼はボランティアリーダーをやっていましたね。


ニーズもどんどん変わっていったと当時を振り返る厨さん。大変な時期を過ぎてようやく落ち着いてきた2014年に、「若い女性が働ける場所をつくりたい」「地域を盛り上げたい」という思いから、三陸石鹸工房 KURIYAを立ち上げます。


当時牡蠣とかは大体ダメになっちゃったんですけど、ちょこっと残った牡蠣があって。育てたから身内で食べようと言って、これがめちゃくちゃ美味しかったんです。初めて海から上がったばかりの牡蠣を食べました。東京でも接待とかで高級店の味には慣れていたんですけど、次元が違うと思いましたね。漁師の方が一番美味しいものを食べてるんだなと(笑)




インタビュー中も終始笑顔で話しやすい空気でした。厨さんが地元の方と牡蠣を美味しそうに食べる姿が目に浮かびます。


ー地域交流で大事にされていることはありますか?


女川は小さい町なので、自分1人が良くてもたかが知れているんですよね。うちの店だけをめがけて来るって可能性は低い。でもこの店もあるしご飯も美味しいし、となると可能性は高くなるじゃないですか。だから県内の人もUターンで帰ってくる人もここに店を出すことが多いんですけど、新しい人が来たら完全にウェルカムです。


女川は60歳以上は全員顧問としているんです。要は全員口を出さないってことですね。町長もいま48歳です。町長があんまり年上だと、自分たちも言いにくいんですよね。町長とも普通に飲みますよ。飲みに行くと町長がいる(笑)。(両手を挙げて)「あっ町長~!」みたいな。その辺の女の子も「町長~!」って声かけていたりします(笑)


移住されてきた厨さんが9年半も女川で仕事を続けて来られたのは、女川の雰囲気が影響しているのかもしれませんね。


ー今年で震災から10年の節目を迎えましたが、これからの10年の目標はありますか?


ここまでの10年は復興ということもあって、外からの注目もあったんですよね。これまではいろんな人の目もあって新しい人も来て、新しいこともできた。
10年経つと被災地ももういいかな。
ここからは女川としての10年。これからの10年で同じようにできるかが問われますよね。これから先も新しい血をどんどんいれて楽しいことをおこすってことができるかどうかだと思います。


女川でやればやるほど自分の地元でも何かやりたいって思っています。
こっちのお店を終わりにしちゃうってわけではなく、あっちでもやろうって感じになると思うんですけど…イーグルス応援するけどホークスも、みたいな(笑)


小さく支店みたいな感じで地元でも始められたらと思っています。
ホークスとイーグルスの日本シリーズみたいになるのが一番いいです(笑)
地方と地方の2拠点ができたら楽しいなって思いますね。寒いって思ったときに南にいければいい、みたいに個人的に楽しめればいいなと思います。


厨さん、ありがとうございました!




まとめ

Chou Chouでは三陸石鹸工房 KURIYAさんのせっけんポプリや、ギフトにピッタリなせっけんのセットを販売しています。

常に新しいものを取り入れ続ける女川。女川の素材でつくられたアロマ石鹸の香りで、気持ちもリフレッシュしてみませんか?


Chou Chou商品ページはこちら


三陸石鹸工房 KURIYAさんのFacebookページはこちら