ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

ブログ

  • 震災。復興。そして次の10年へ|三陸石鹸工房 KURIYA(クリヤ)

    Chou Chou 3周年特別企画!Chou Chouの運営元である株式会社インターンの代表取締役とChou Chouの店長が、東北の生産者さんの元に行ってきました。普段取り扱っている商品への熱い想いや、現地の感想をお届けします。第3弾はスイーツのような見た目が魅力の三陸石鹸工房 KURIYA(クリヤ)さんです。三陸石鹸工房 KURIYA(クリヤ)とは?三陸石鹸工房 KURIYAさんの商品やお店の魅力をご紹介します。まるでスイーツ!キュートな見た目のアロマ石鹸三陸石鹸工房 KURIYAさんが取り扱っているのは、地元の素材を活かしたアロマ石鹸です。「家族が食べるものを作るように、自信を持って使える良い素材を選ぶ」というコンセプトのもと、自然素材をつかった手づくり石鹸を販売されています。石鹸としては珍しいキューブ型で、見た目はまるでスイーツのよう。オシャレなパッケージに包まれると、高級チョコレートのように見えます。洗顔につかえる石鹸のほか、車などでの芳香剤としても便利なせっけんポプリも人気です。カフェのような店内宮城県女川町の商業施設・シーパルピア女川内にあるお店は、白を基調としたカフェのようなオシャレな内装になっています。お客さんがKURIYAさんの石鹸を見て「美味しそう」と言ったことがきっかけだったそうです。お店では実際に石鹸をつくる様子を見ることもでき、定期的にオリジナルの石鹸をつくることができるワークショップも開催していました。※2021年4月現在の開催予定は未定です。詳しくは直接お問合せください。自分も周りも楽しいのが一番!オーナーにインタビュー三陸石鹸工房 KURIYAのオーナーである厨 勝義(くりやかつよし)さんにお話を伺いました!※インタビュー写真撮影のため、マスクを外して対応いただいています。厨さんはもともと九州のご出身で、東京で働いていたところから震災をきっかけに女川に移住してこられました。住み始めて2021年で10年目になるそうです。ー移住のきっかけは何だったんでしょうか?最初はこんなに長くいるつもりはなかったんですよ。東京からなら車で来られるので最初は震災のボランティアで通っていて、途中からボランティアに必要な人を連れて行ったりしていました。ただあの頃はボランティアに来る人はいても何をすればいいのかわからない、という状態だったんです。来る人に対してさばく人が足りない、と。それで手伝おうと思って残ることにしました。もともとやっていた翻訳の仕事はネットさえ繋がればどこでもできるので、翻訳の仕事もしながら昼はボランティアリーダーをやっていましたね。ニーズもどんどん変わっていったと当時を振り返る厨さん。大変な時期を過ぎてようやく落ち着いてきた2014年に、「若い女性が働ける場所をつくりたい」「地域を盛り上げたい」という思いから、三陸石鹸工房 KURIYAを立ち上げます。当時牡蠣とかは大体ダメになっちゃったんですけど、ちょこっと残った牡蠣があって。育てたから身内で食べようと言って、これがめちゃくちゃ美味しかったんです。初めて海から上がったばかりの牡蠣を食べました。東京でも接待とかで高級店の味には慣れていたんですけど、次元が違うと思いましたね。漁師の方が一番美味しいものを食べてるんだなと(笑)インタビュー中も終始笑顔で話しやすい空気でした。厨さんが地元の方と牡蠣を美味しそうに食べる姿が目に浮かびます。ー地域交流で大事にされていることはありますか?女川は小さい町なので、自分1人が良くてもたかが知れているんですよね。うちの店だけをめがけて来るって可能性は低い。でもこの店もあるしご飯も美味しいし、となると可能性は高くなるじゃないですか。だから県内の人もUターンで帰ってくる人もここに店を出すことが多いんですけど、新しい人が来たら完全にウェルカムです。女川は60歳以上は全員顧問としているんです。要は全員口を出さないってことですね。町長もいま48歳です。町長があんまり年上だと、自分たちも言いにくいんですよね。町長とも普通に飲みますよ。飲みに行くと町長がいる(笑)。(両手を挙げて)「あっ町長~!」みたいな。その辺の女の子も「町長~!」って声かけていたりします(笑)移住されてきた厨さんが9年半も女川で仕事を続けて来られたのは、女川の雰囲気が影響しているのかもしれませんね。ー今年で震災から10年の節目を迎えましたが、これからの10年の目標はありますか?ここまでの10年は復興ということもあって、外からの注目もあったんですよね。これまではいろんな人の目もあって新しい人も来て、新しいこともできた。10年経つと被災地ももういいかな。ここからは女川としての10年。これからの10年で同じようにできるかが問われますよね。これから先も新しい血をどんどんいれて楽しいことをおこすってことができるかどうかだと思います。女川でやればやるほど自分の地元でも何かやりたいって思っています。こっちのお店を終わりにしちゃうってわけではなく、あっちでもやろうって感じになると思うんですけど…イーグルス応援するけどホークスも、みたいな(笑)小さく支店みたいな感じで地元でも始められたらと思っています。ホークスとイーグルスの日本シリーズみたいになるのが一番いいです(笑)地方と地方の2拠点ができたら楽しいなって思いますね。寒いって思ったときに南にいければいい、みたいに個人的に楽しめればいいなと思います。厨さん、ありがとうございました!まとめChou Chouでは三陸石鹸工房 KURIYAさんのせっけんポプリや、ギフトにピッタリなせっけんのセットを販売しています。常に新しいものを取り入れ続ける女川。女川の素材でつくられたアロマ石鹸の香りで、気持ちもリフレッシュしてみませんか?Chou Chou商品ページはこちら三陸石鹸工房 KURIYAさんのFacebookページはこちら

    もっと読む
  • 石巻からエールよ届け!すべての人の新しい船出に。|funade(フナデ)

    Chou Chou 3周年特別企画!Chou Chouの運営元である株式会社インターンの代表取締役とChou Chouの店長が、東北の生産者さんの元に行ってきました。普段取り扱っている商品への熱い想いや、現地の感想をお届けします。第2弾は、大漁旗をリメイクしたアクセサリーが人気のfunade(フナデ)さんです。funade(フナデ)とは?funadeさんとはどのようなブランドなのか、商品や現地の様子をご紹介します。世界にひとつだけのローカルクラフトfunadeさんは、目を惹く色鮮やかなブレスレットやピアス、イヤリングといったアクセサリーをメインに扱っています。実はこれ、すべて使用されていた大漁旗をリメイクしたもの。大漁旗の鮮やかな配色を活かし、一つひとつ手作りであるため、似たようなデザインであってもどれひとつとして同じものはありません。Chou Chouではアクセサリーを中心に厳選したアイテムのみを取り扱っていますが、funadeさんのネットショップページでは大漁旗の柄を大胆に活かしたアートボードや、オシャレなパッチワーク柄に整えたPCケースも販売されています。遊び心あふれるスタジオfunadeのアイテムがつくられている宮城県石巻市の拠点は、外観も内装も遊び心たっぷり。外観はまるで秘密基地のような手作り感で、ぬくもりが伝わってきます。中には商品が壁や机に所狭しと並べられ、にぎやかな印象でした。棚には生まれ変わるのを待っているたくさんの大漁旗もあります。ひとつの机を囲んで手作業するスタッフさんたちの姿に、アットホームな雰囲気が感じられました。代表にインタビュー!funadeに込められた想いとは?funadeを立ち上げた田中さんに、立ち上げのきっかけやこれからの10年についてお話を伺いました。※取材のため、マスクを外して対応いただいています。ー今年で10年目になるそうですが、立ち上げのきっかけを教えてください。(田中さんは)東京出身で、震災があったときは京都にいたんです。だから地震があったことはテレビで知ったけど、あんまり実感がわかなかったんですね。でも東京も揺れたということで日本全体が揺れたような感覚になって、そのうち居てもたってもいられなくなったんです。友人がボランティアで行くと言っていたのでついていったら、行った先が石巻でした。避難所から仮設住宅への移動や、店舗再生を手伝ったりしていましたね。様々な活動を続けていくうちに、そのうち全員が自立する日はくる、働くことは精神的に大事だよな、と。個人として何をやっていこうかと考え始めたんです。自分にできるのは洋服づくりなので、それで何かできないかと考えたときに、重要なのは素材をどうするかでした。そこでボランティア仲間と素材を探しているうちに、倒壊した建物の中に大漁旗があるのを見つけたんです。たまたま近くを通りかかった人が事情を知っていて、聞くと20年前に廃船になった船の配送センターだったと。で、その方が船主さんの連絡先を知っていて、連絡してみたら連絡がついて。ミラクルですよね。大漁旗を使わせて欲しいと話したら、自分たちのボランティア活動を見ていてくれたらしくて、ぜひ使ってくださいと言ってくださったんです。その時は大漁旗を段ボールに5箱くらいもらったんですけど、宝物を手にしたような気持ちでしたね。大漁旗は、新しい船を初めて海に送り出すときの進水式でつかわれる、船出を祝うお祝い旗、ご祝儀のようなものです。遠目に見てもわかるような大胆な柄と華やかな色使いは、funadeのアイテムをより個性的なものに見せてくれています。ー思い入れのあるアイテムはありますか?最初につくったブレスレットですかね。いろいろな人に届いてほしかったので、みんなが使えるものをつくろうと思ったんです。普通は素材が限られているということはないですけど、funadeは大漁旗という縛りの中でどう活かしていくかというのは考えますね。柄とか豊かなので、なるべく維持して長く保存できるようにしていきたいと。そう思ったときに洋服とか身につけるものはダメージが大きいので、最近はインテリアグッズとかもつくっています。ネットショップには販売しているんですけど、アートボードとか。ーこれからの10年で挑戦していきたいことはありますか?もともと自分がやっていたブランドを復活させたいですね。大漁旗に限らず。10年ってこれからのこともそうですけど、これまでの10年を振り返るきっかけでもあると思っています。当時は泥とがれきだらけで片づけられるのか、と思えるような状態でしたけど、みんなで力を合わせたらできないことってないと思いましたね。この店をやったのもそんな流れです。大工なんてやったことない人も集まって、でもみんなでやればできないことは何もない、というのが潜在的にありました。みんなで協力する、和の精神ってすごく大切なものだと思います。あの時の一体感、みたいなものって今はあまりないですよね。ビジョンを持ってみんなで何かをつくる、想像してできたものに対してみんなで喜ぶ、そこに向けて社会をつくっていくってことが鍵になると思います。自分がやっているのはモノづくりですけど、モノづくり自体に価値はなくて、たまたまそれを通して経験したことが残っているんですよね。カタチではなく経験したことが残っているんです。ー田中さんにとってfunadeとは?誰にでも節目はくると思うんですよね。それぞれのタイミングで新しい生活を始める。「funade=船出」には新しい生活を始めるという意味があります。ダメな日もあるけれどいつでも再出発できる。funadeという名前はエールの意味を込めてつけました。自分にとってもエールになっているんですよ。始めは何もわからないなかでスタートして、”フナデ”という言葉がすべてでした。でもいつかは船出するタイミングがあるじゃないですか。だからエールになると思うんですよ。我ながらいい名前つけたなって(笑)漢字にしなくてよかったと思っています(笑)田中さん、ありがとうございました!まとめfunadeさんの想いの詰まった唯一無二のアクセサリーは、 Chou Chouでも絶賛発売中です。オンラインショップでも販売していますよ。新たなスタートを迎える大切な人に、石巻からのエールを届けてみませんか?funadeさんのアイテムはこちらから公式ショップページはこちら取材:代表取締役 半澤洋Chou Chou店長 出田麻依

    もっと読む
  • 女川から響く希望の鐘|TEAVER TEAFACTORY(ティーベルティーファクトリー)

    Chou Chou 3周年特別企画!Chou Chouの運営元である株式会社インターンの代表取締役とChou Chouの店長が、東北の生産者さんの元に行ってきました。普段取り扱っている商品への熱い想いや、現地の感想をお届けします。第1弾は、最近テレビにも数多く取り上げられている話題の紅茶専門店「TEAVER TEAFACTORY(ティーベルティーファクトリー)」さんです。TEAVER TEAFACTORY(ティーベルティーファクトリー)とは今回お話を聞いた、TEAVER TEAFACTORYさんのことをご紹介します。鮮やかな発色が特徴的な、紅茶・日本茶のフレーバーティーChou ChouではTEAVER TEAFACTORYさんの紅茶・日本茶フレーバーティーを取り扱っています。もともとはOCHACCO(おちゃっこ)というブランド名でしたが、2021年からTEAVER TEAFACTORYとしてリニューアルしました。TEAVER TEAFACTORYさんの強みは、紅茶のプロであるオーナーの手による色鮮やかなフレーバーティーの数々です。一度見たら忘れられない透き通るような青さが魅力の「ブルーブーケ」、華やかな見た目に加えて女性に嬉しいルイボスティーをベースとした「ルージュブーケ」を筆頭に、これまでにない日本茶や紅茶のフレーバーティーを生産してこられました。「ここでしか買えないもの」にこだわった店舗宮城県女川(おながわ)の「地元市場」ハマテラスに構える店舗では、「ここでしか買えないもの」を置くことにもこだわりました。東京のChou Chouをはじめ、地元女川でも様々なお店での取り扱いが増えたというTEAVER TEAFACTORYさん。入手しやすくなったからこそ、お店では実際にお茶を飲むことができるカフェスペースをつくったり、オンラインショップでは販売されていないお菓子を販売したりするなど、「ここにしかない」体験を提供されています。オーナーにインタビュー!立ち上げのきっかけやこれからの10年オーナーの内海 康生さんに、立ち上げのきっかけや商品への想いを伺いました。※今回は取材のため、マスクを外して対応いただいています。ー今回のリニューアルで紅茶や他のお茶も幅広く扱うようになった理由は何ですか?今年で震災から10年を迎えて、次の10年をどうして行こうかと考えた時に、地元の素材だけでなく様々なお茶を女川から発信して行こうと思ったんです。名前のTEAVER TEAFACTORYには「お茶のベル」という意味を込めました。お茶で希望の鐘を鳴らしたい、お茶屋さんとしてだけではなく、一つのティーメーカーとしてのティーファクトリーでありたいという思いを込めています。気仙沼出身の内海さんは、もともと東京で紅茶の会社に勤めておられました。震災をきっかけに、女川で日本茶フレーバーティー専門店「OCHACCO」を立ち上げています。ーなぜ紅茶を選ばれたんですか?学生時代にイギリス文化研究を学んでいたというのもあるのですが、最初は「かっこいいな、素敵だな」くらいの気持ちでした(笑)お茶の魅力は味なんです。世界で1番飲まれているんですよね。それだけでなく、お茶を囲む空間そのものに価値を感じています。人と人とを繋ぐ、幸せにしてくれるものだなと思っているので選びました。ー紅茶の専門家である内海さんに質問です!美味しい紅茶の飲み方は?お茶によって違いはありますけど、たっぷりの量でなるべく短い時間でつくるのがいいですね。あとは誰かと一緒に飲むこと。ー特に思い入れのあるお茶はどれですか?やっぱり青色のお茶ですね。2016年に作ったときは世界初くらいだったのでこだわりがあります。原料であるバタフライビーを使おうと思ったきっかけは、港町出身なので海のような青いお茶を作りたくて、ぴったりだったので使いました。フレーバーティーはたくさんあるので、色をつけることにこだわっています。(写真:昨年生産が始まったブルーブーケ。アールグレイポートシティも鮮やかな青色が楽しめます)ーこれからの10年でチャレンジしていきたいことは何ですか?お茶屋さんだけでなくティーメーカーになっていきたい、日本で1番のティーファクトリーになっていきたいという思いがあります。自社ブランドだけでなく、オリジナルのブレンドティーも作っていきたいですね。これまでかかわってこなかった業界とのコラボや絵画、物語とのコラボなどにチャレンジしたいと思っています。ー最後に...内海さんにとってティーファクトリーとは?お茶は一番好きで自信がある、というのもあるんですけど、夢をカタチにしたものです。紅茶って高貴なイメージだけどお茶はもっと一般的に飲みやすいイメージだと思うんですよね。紅茶もお茶も気軽に楽しんでもらえるようなティーメーカーを目指しています。内海さん、ありがとうございました!まとめTEAVER TEAFACTORYさんの素敵なお茶は、Chou Chouオンラインショップでも販売中です。これからも東北の生産者さんの想いが詰まったアイテムを、東日本橋の店舗ではもちろん、オンラインショップを通じてより多くの人にお届けします。TEAVER TEAFACTORYさんのお茶はこちらから公式ホームページはこちら取材:代表取締役 半澤洋Chou Chou店長 出田麻依

    もっと読む

カテゴリ一覧