ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

ブログ

  • 石巻からエールよ届け!すべての人の新しい船出に。|funade(フナデ)

    Chou Chou 3周年特別企画!Chou Chouの運営元である株式会社インターンの代表取締役とChou Chouの店長が、東北の生産者さんの元に行ってきました。普段取り扱っている商品への熱い想いや、現地の感想をお届けします。第2弾は、大漁旗をリメイクしたアクセサリーが人気のfunade(フナデ)さんです。funade(フナデ)とは?funadeさんとはどのようなブランドなのか、商品や現地の様子をご紹介します。世界にひとつだけのローカルクラフトfunadeさんは、目を惹く色鮮やかなブレスレットやピアス、イヤリングといったアクセサリーをメインに扱っています。実はこれ、すべて使用されていた大漁旗をリメイクしたもの。大漁旗の鮮やかな配色を活かし、一つひとつ手作りであるため、似たようなデザインであってもどれひとつとして同じものはありません。Chou Chouではアクセサリーを中心に厳選したアイテムのみを取り扱っていますが、funadeさんのネットショップページでは大漁旗の柄を大胆に活かしたアートボードや、オシャレなパッチワーク柄に整えたPCケースも販売されています。遊び心あふれるスタジオfunadeのアイテムがつくられている宮城県石巻市の拠点は、外観も内装も遊び心たっぷり。外観はまるで秘密基地のような手作り感で、ぬくもりが伝わってきます。中には商品が壁や机に所狭しと並べられ、にぎやかな印象でした。棚には生まれ変わるのを待っているたくさんの大漁旗もあります。ひとつの机を囲んで手作業するスタッフさんたちの姿に、アットホームな雰囲気が感じられました。代表にインタビュー!funadeに込められた想いとは?funadeを立ち上げた田中さんに、立ち上げのきっかけやこれからの10年についてお話を伺いました。※取材のため、マスクを外して対応いただいています。ー今年で10年目になるそうですが、立ち上げのきっかけを教えてください。(田中さんは)東京出身で、震災があったときは京都にいたんです。だから地震があったことはテレビで知ったけど、あんまり実感がわかなかったんですね。でも東京も揺れたということで日本全体が揺れたような感覚になって、そのうち居てもたってもいられなくなったんです。友人がボランティアで行くと言っていたのでついていったら、行った先が石巻でした。避難所から仮設住宅への移動や、店舗再生を手伝ったりしていましたね。様々な活動を続けていくうちに、そのうち全員が自立する日はくる、働くことは精神的に大事だよな、と。個人として何をやっていこうかと考え始めたんです。自分にできるのは洋服づくりなので、それで何かできないかと考えたときに、重要なのは素材をどうするかでした。そこでボランティア仲間と素材を探しているうちに、倒壊した建物の中に大漁旗があるのを見つけたんです。たまたま近くを通りかかった人が事情を知っていて、聞くと20年前に廃船になった船の配送センターだったと。で、その方が船主さんの連絡先を知っていて、連絡してみたら連絡がついて。ミラクルですよね。大漁旗を使わせて欲しいと話したら、自分たちのボランティア活動を見ていてくれたらしくて、ぜひ使ってくださいと言ってくださったんです。その時は大漁旗を段ボールに5箱くらいもらったんですけど、宝物を手にしたような気持ちでしたね。大漁旗は、新しい船を初めて海に送り出すときの進水式でつかわれる、船出を祝うお祝い旗、ご祝儀のようなものです。遠目に見てもわかるような大胆な柄と華やかな色使いは、funadeのアイテムをより個性的なものに見せてくれています。ー思い入れのあるアイテムはありますか?最初につくったブレスレットですかね。いろいろな人に届いてほしかったので、みんなが使えるものをつくろうと思ったんです。普通は素材が限られているということはないですけど、funadeは大漁旗という縛りの中でどう活かしていくかというのは考えますね。柄とか豊かなので、なるべく維持して長く保存できるようにしていきたいと。そう思ったときに洋服とか身につけるものはダメージが大きいので、最近はインテリアグッズとかもつくっています。ネットショップには販売しているんですけど、アートボードとか。ーこれからの10年で挑戦していきたいことはありますか?もともと自分がやっていたブランドを復活させたいですね。大漁旗に限らず。10年ってこれからのこともそうですけど、これまでの10年を振り返るきっかけでもあると思っています。当時は泥とがれきだらけで片づけられるのか、と思えるような状態でしたけど、みんなで力を合わせたらできないことってないと思いましたね。この店をやったのもそんな流れです。大工なんてやったことない人も集まって、でもみんなでやればできないことは何もない、というのが潜在的にありました。みんなで協力する、和の精神ってすごく大切なものだと思います。あの時の一体感、みたいなものって今はあまりないですよね。ビジョンを持ってみんなで何かをつくる、想像してできたものに対してみんなで喜ぶ、そこに向けて社会をつくっていくってことが鍵になると思います。自分がやっているのはモノづくりですけど、モノづくり自体に価値はなくて、たまたまそれを通して経験したことが残っているんですよね。カタチではなく経験したことが残っているんです。ー田中さんにとってfunadeとは?誰にでも節目はくると思うんですよね。それぞれのタイミングで新しい生活を始める。「funade=船出」には新しい生活を始めるという意味があります。ダメな日もあるけれどいつでも再出発できる。funadeという名前はエールの意味を込めてつけました。自分にとってもエールになっているんですよ。始めは何もわからないなかでスタートして、”フナデ”という言葉がすべてでした。でもいつかは船出するタイミングがあるじゃないですか。だからエールになると思うんですよ。我ながらいい名前つけたなって(笑)漢字にしなくてよかったと思っています(笑)田中さん、ありがとうございました!まとめfunadeさんの想いの詰まった唯一無二のアクセサリーは、 Chou Chouでも絶賛発売中です。オンラインショップでも販売していますよ。新たなスタートを迎える大切な人に、石巻からのエールを届けてみませんか?funadeさんのアイテムはこちらから公式ショップページはこちら取材:代表取締役 半澤洋Chou Chou店長 出田麻依

    もっと読む
  • 東日本大震災から10年 今、できること|5つのブランドで復興に貢献

    2011年3月11日、午後2時46分あなたは、どこで何をしていたのでしょうか?2021年3月11日あなたはどこで何をしているでしょうか?今年の3月11日に東日本大震災から10年を迎えます。この10年は、出身地や年齢など、様々な状況で感じ方や考えた事が大きく変わったのではないでしょうか。東日本大震災で知り合いや友人を、家族を失った人もいます。原発のメルトダウンで、故郷や仕事を失った人もいます。どこか遠い地、ではなく、まさしく私たちが身近に感じる、この日本で発生しました。東日本大震災からようやく10年、まだ10年、もう10年……感じ方人それぞれだと思いますし、その経験はあなただけのものでしょう。そんな今だからこそ、東京にいる私たちは何ができるのでしょうか?震災から10年、東北の復興状況は?では、そのような被災地に対して遠く離れた東京にいる私達ができることはなんでしょうか?まず「震災のことを知る」ことが重要です。震災発生時、今の24歳の方は14歳になります。中学生の頃の事は遠い地のこと、と捉えていてもおかしくありません。阪神淡路大震災の後も、他の大きな災害の後でも、いつでも風化との闘いになります。「忘れる」ことは日常に戻る上では決して間違いではありません。しかし、災害の記憶が、記録が、その時の感情や行動が忘れ去られてしまうことは似たような事に直面した時に教訓を生かしてこそ、人類は発展してきたのではないでしょうか。より直接的なことを行いたい人は「ボランティアに行く」こともできます。10年経ったのにボランティアがまだ必要なのか?と思われるかもしれませんが、現状はまだ善意の手助けを必要としている人は大勢います。例えば、心のケアが必要な方や人手が少なくなってしまったが故に手伝いが必要なお年寄りなどです。奇しくも被災地は東北地方、冬は雪に閉ざされる場所もあるでしょう。雪は定期的に屋根から雪を下ろさなければ家が雪の重さで潰れてしまいます。しかし、お年寄りしか戻ってこなかった街では、雪下ろしという重労働のボランティアが活躍しています。様々な事情で実際に足を運ぶのが難しい方も多いかと思います。そのような方は「義援金」としてお金を寄付することも一つの方法です。10年経つ今になっても、まだまだ多くのNPO法人が義援金を募集しています。例えば、日本赤十字社のような医療機関、赤い羽募金などを通じた募金もその一つです。また、震災遺児のための支援として義援金を集めるNPOなどもあります。これは、と思う支援先がある場合はそちらの支援を行うことも十分な貢献になります。そこまで堅苦しいことには一歩がふみだせない、など心のハードルが高い方も多いでしょう。あるいは、義援金として支払うお金が本当に目的のために使われるのか不安が残る、などもあるかもしれません。そのような方には「地域の物産品を購入する」という支援方法はいかがでしょうか。地域経済が活発になればそれだけ雇用を生み出し、地域全体が活性化していきます。被災地は多くの物産品を有しているためそれだけでも支援になります。ただの物産品を購入するだけではなく、何かより良いものはないだろうか?と探している方もいるでしょう。できれば生産者や扱っているお店のこともよくわかる、誰が見ても素敵だな、と思うようなものはないかな、と。そのようなお洒落心や良いものが欲しい、という心を忘れないあなたには、ぜひ、「ローカルクラフトを購入する」という方法をオススメします!地域の魅力を知ってもらえるのはもちろん、そのクラフトが作られる背景のストーリーや作り手の心も伝わる物が多く、持っているだけで地域との繋がりがあるように感じることができるでしょう。食品などは「なぜその食品が作られたのか」を知ることで美味しさも変わってきます。東北のローカルクラフトで復興に貢献震災で水に浸かった大漁旗が海岸に打ち上げられていて、打ちひしがれる漁師さん達。そんな光景に大漁旗で何かできないか、と考えたところからできたのが「funade」です。大漁旗を細かく切ったり他の素材の中に入れたり皮と編み込んだりすることでアクセサリや小物を作っています。全て手作りなので一点モノ。運命的な出会いもあるかもしれません。磐梯はちみつ石巻は震災で甚大な被害を受けました。そこから復興するために、何ができるのか、それを考えた水産加工業者をはじめとする食に携わる10社が手を取り合い、試行錯誤を重ねて作られたのが「石巻金華茶漬け」だそうです。石巻は魚の街として知られるほど漁港街として栄えてきていましたが、その獲れる魚種が多種多様になっていることもあり、コレ!という一押しがなかったのです。そこで10社の得意素材を持ち寄り、お茶漬けとして作り上げました。まさしく、人と人が手を取り合い、力を合わせたからできたもの。美味しいお茶漬けで心もほっこり間違いなしです!KURIYA石鹸日本茶のフレーバーティーのブランドです。気仙沼をベースに、農家の皆様が心を込めて作られた各種ハーブを使用しています。以前は「OCHACCO(おちゃっこ)」というブランド名でしたが、2021年からブランド名を「TEAVER TEAFACTORY(ティーベルティーファクトリー)」に改めリニューアルオープンされました。なによりもお茶を淹れた時の色に驚く方が多いのではないでしょうか?鮮やかな色と香りで楽しむ日本茶の新しい楽しみ方になりそうです。2021年3月11日に何を想い、何を行うのか。何を大事とするのか。その中で、今なお必要な手助けを、どのように届けるのか。ただの施しにならない、絶妙なバランスで成り立つには、どうするのが良いのか。考えることはたくさんあります。ですが、まずこれから、と手を出しやすいのは自分も嬉しく、地域復興に貢献もできるローカルクラフトを手に取っていただくことではないでしょうか。東日本大震災から10年。節目の年にぜひローカルクラフトを手に取りながらこれからに想いを馳せてみてください。そして、せっかくですから、これをきっかけにもっとローカルクラフトを知ってみてください。きっとあなたのお気に入り、に出会えますよ。

    もっと読む

カテゴリ一覧